【婚活パーティー】札幌在中、32歳で貯金なしの男の体験談

札幌在中、32歳で貯金なしの男の婚活体験談です。

TOPページ

札幌でおすすめの婚活パーティー

エクシオ

エクシオ

札幌で婚活パーティーを毎日開催!

実績も豊富で信頼も高いエクシオでは個室パーティーから大規模のパーティーまで様々なパーティーを開催しています。自分に合ったパーティーが見つかりやすいですよ。

会員数も豊富も他の婚活パーティーよりも多いので素敵な出会いを見つけられる可能性も高く、婚活を有利に進めることができます。

30代限定婚活パーティー、バツイチ限定婚活パーティーなども多数開催されているので幅広い婚活者が利用している婚活パーティーがエクシオです。

婚活者の多くがエクシオの婚活パーティーを利用!

エクシオはテレビや雑誌でもよく紹介されている知名度が高い婚活パーティーです。実際に婚活者の多くがエクシオの婚活パーティーに一度は参加した経験があるんですね。実績・信頼、共に申し分のない婚活パーティーで素敵な出会いを見つけて頂きたいと思います。

詳しくはこちらから

OTOCON(オトコン)

パートナーエージェント

札幌で大人の出会いを見つけるなら『OTOCON(オトコン)』

結婚を真剣に考えている人、大人の出会いを探している人にはOTOCONがおすすめですよ。OTOCONには結婚を真剣に考えている婚活者が多く集まっているので素敵な出会いを見つける事ができれば結婚に大きく近づく事ができますよ。

そして、OTOCONは少人数制の婚活パーティーを中心に開催しているので参加者全員とじっくり話すことができ、相手の事をしっかり見極める事もできますよ。

一日でも早く結婚したいという方には是非、OTOCONを利用して素敵な出会いを見つけてもらいたいと思います。

運営会社は結婚相談所を運営しているパートナーエージェント!

OTOCONは結婚相談所で実績が豊富なパートナーエージェントが開催しているので安心して素敵な出会いを見つけられますよ。差サポート体制も万全なので自分ひとりで婚活を行うよりも断然、有利に婚活を進めることができます。

詳しくはこちらから

32歳で貯金なしの男がエクシオの婚活パーティーに参加してきた結果。

30歳を過ぎた辺りから、周りの友達はみんな結婚していきました。去年なんて結婚式が5回もありましたよ。

まさに結婚ラッシュ!未だに独身なのは自分だけです。

友達の中には子供が3人もいる友達や離婚を3回も経験している友達もいて、自分はかなり出遅れているなと。。。

最後に彼女がいたのは3年前。それから浮いた話は特になく。新しい出会いも特になく。ただ時間だけが過ぎて気づけばもう32歳です。

あと数か月したら33歳ですよ。

今すぐに結婚したい気持ちはあるのですが、ただネックな事がありまして、それは自分に貯金がないという事です。

32歳になって貯金がないなんて終わってますよね。

もし、彼女ができても絶対に幸せにしてあげる事なんてできません。

逆に苦労ばかりかけるんではないかと不安になり、たまに出会いがあってもどうも積極的になれないんですよね。。。

しかし、出会いを今のうちから作っておかないと今後更に困ると思い、勇気を出して婚活パーティーに参加してみることにしました。

なぜ婚活パーティーの参加を決意したのか?

私が婚活パーティーの参加を決意した理由は、こんな自分でも好きになってくれる人がいるのでは?という期待です。

いつどこでどんな出会いがあるかわかりませんし、お金よりも私の人間性を重視してくれる人だって絶対にいる!という淡い期待を胸に婚活パーティーへの参加を決意しました。

私が住んでいる札幌でもたくさんの婚活パーティーが開かれていて、私が選んだ婚活パーティーは『エクシオ』という婚活パーティーを頻繁に主催している婚活サイトです。

どうしてエクシオを選んだのかというとエクシオは知名度も高く、信頼・実績が申し分なかったからです。

ものすごく単純な理由です。やっぱり安心して素敵な出会いを見つけたいですよね。

そして、ちょうどパーティーの内容を見ていたら、『30代限定 1人参加限定 個室スタイル』のパーティーが目につきました。

初めての婚活パーティーだったので個室スタイルの方が参加しやすいなと思い、そのパーティーに早速応募してみました。

参加費は、

男性 4500円
女性 1500円

男性の方が参加費が高い事には少し納得がいきませんでしたが。。。笑

⇒『実績が豊富!エクシオ』で婚活パーティーを探す!

そして、当日。

パーティーは夕方の時間からだったのですが、もう朝から緊張していましたね。

クリーニングに出していたスーツとワイシャツをとりに行き、皮靴もピカピカに磨いて、準備も万端!

時間にはまだ余裕があったのでネットで婚活パーティーに関する情報を収集していました。

・プロフィールで自分の事をしっかりアピールする。
・基本的にいつも笑顔。
・まずは相手と自分の共通点見つける。
・話すと聞くのバランスを考える。
・身だしなみで第一印象が決まる。

などポイントになる事が多く、全部頭に入れるのが大変でした。

会場に向かう移動中にもこういった情報をチェックして会場に向かいましたね。

そして、会場があるビルの前に到着。

誰か知り合いに見られているのでは?と不安になりつつ、周りをキョロキョロしながらビルに入り、エレベーターの前に行くと、男性と女性が1人ずつ待っていました。

服装から見ても婚活パーティーに来た感じがあり、もしかするとパーティーの参加者だと思いながらエレベーター乗りました。

そして、私がボタンの前に立ったので2人に何階ですか?と聞くと、3人とも同じ階(パーティー会場がある階)で、ちょっとそこで少し笑いが起きました。

少し緊張気味だったのでそこで緊張が和らぎましたね。多分、二人も同じだったと思います。

そして、1人ずつ受付。

お金は事前に支払っていたので身分証明書を提示するだけでした。身分証明書は免許証で大丈夫でした。

そして、スタッフさんに誘導されて席の方へ。

この時、エレベーターで会った女性と目が合い、女性の方が「また後で」という声をかけてくれました。

「そっか、この人と後で話す事になるんだ!」と思いながら席の方へ。

会場に入ると、大きなワンフロアの部屋で、仕切りで部屋が区切られていて個室スタイルになっています。

部屋の入り口には大きな番号が付いていて、番号を確認しやすかったです。

自分の番号は12番。忘れないように頭にインプットして部屋に入りました。

すると、机の上には色々なものが置かれていて

・パンフレット
・プロフィールカード
・アンケート用紙
・メモ用紙
・中間印象チェックカード
・連絡先を書く事ができるカード×3枚
・最終決定のカード

が置かれていて、スタッフさんに説明を受け、プロフィールを書いて待っていてくださいと言われました。

ここで、プロフィールを書くんですね。

プロフィールは正直に書きました。

隠し事は嫌いですし、はじめから本当の自分を受け入れてくれる人と出会いたかったので。

もちろん、貯金なしという事も自己PRに記載しました。(貯金なしはアピールできる事ではないですが。。。)

他にも自分が好むタイプの女性や自分の趣味、給料や年収、恋愛観、なども書きました。

ただ、このプロフィールは受付をしてからパーティーが開始されるまでの時間で作成しなければいけないので時間に余裕を持って会場に行く事をおすすめします。

私の場合、30分前に会場に入りましたのでプロフィールを書く時間は十分にありましたが、ギリギリに会場に来てしまうとプロフィールを書く時間がないので注意してください。

プロフィールはとても自分をアピールできる大切なものになるの時間に余裕を持って作成するようにしましょうね。

そして、婚活パーティー開始。

いよいよパーティー開始の時間です。

私の緊張は頂点に達していました。

まずは司会者からパーティーの概要などが説明されました。

そして、パーティーのスケジュールの説明がされ、いよいよ自己紹介タイムスタートです。

自己紹介タイムでは約5分程度の時間が用意されていて、参加者全員と顔合わせをしていきます。

5分という短い時間なのでいかにうまく相手とお話をしていくかが重要になります。

どうしようと心の中で焦ってもパーティーの進行はどんどん進んでいき、最初のお相手と対面の時間に。

緊張のせいか、どんな感じの人だったかははっきり覚えていません。

ただ挨拶をしてどこから来たんですか、仕事はなんですか、程度の会話しかできませんでした。

「こんなんじゃ、全然ダメだ!」と焦ってしまい、余計に頭の中がパニックになってしまいました。

そして、次のお相手と対面。

次の相手は全然喋ってくれませんでした。顔もずっと下を向いていて目も合わしてくれなかったですね。

きっと私と同じで緊張しているんでしょう。

「緊張しますよね?」と話しかけても「はい」という返事のみで沈黙の時間が多かった記憶があります。

こんな感じでこの後も何人かのお相手と顔を合わせていきました。

すごい美人で圧倒され、なにも喋れなかった人もいました。

どの人とも全然お話をする事ができなく、完全にテンションが下がっていたのですが、最後のお相手がなんとエレベーターで会った人でした。

「そういえばこの人がいた!」と。緊張と焦りのせいで完全に忘れていましたね。

そして、その人は「やっとですね。待っていましたよ。」と声をかけてくれて、この時点でこの人にかなり好感を持ってしまいました。

その人とは他の人と比べてもうまく話す事ができ、自己紹介タイムは終了。

⇒私が参加した婚活パーティー『エクシオ』はこちら!
エクシオ

中間印象カードの記入

一通り自己紹介タイムが終わり、席に戻って、「あぁ〜疲れた〜」と思っていると司会進行のスタッフに中間印象カードに記入するように言われました。

ただここで問題が。

一応、中間希望カードには第6希望まで書く事ができるのですが、自分の中で印象に残っている人や好感を持てた人がそんなにいなかったのです。

唯一、好感を持てた人はエレベーターで一緒になった人だけです。

とりあえず、第一希望にその人の番号を記入して、あとはどうしようかと考えているとタイムオーバーになりました。

結局、1人の人しか中間希望カードに書く事ができませんでした。

悪夢の時間 フリータイム

ここまで自分の思うように事が進まず、もうすでに意気消沈状態の私。

この後、追い打ちをかけるかのよう出来事が起きました。

それがフリータイムです。

そうです。よくテレビなどで見る事ができる、自由に席を移動して好意を持っている相手にアプローチをかけるアレです。

積極的に行動する事が苦手な私にとっては本当にやばい時間帯です。

積極的になれない人は一人ぼっちになる可能性もあり、「どうしよう!!」って感じでした。

ここでまたしても緊張と焦りが。。。

そして、フリータイムスタート!

ホワイトキーでは独自のシステムになっているようで、最初にお話をする人はホワイトキー側で決められます。

私が案内された部屋は第一希望の人ではありませんでした。

第一希望しか書かなかったのでスタッフが適当に決めたんだと思い、とりあえずその人とお話をする事に。

お互いにプロフィールを見ながらお話をしていたのですが、この時に貯金なしの事に触れられました。

「何で貯金がないんですか?」「借金でもあるんですか?」「浪費癖があるんですか?」「給料低いんですか?」など質問攻めに遭い、もうタジタジでしたね。

もうこの人ダメ・・・と思っていると、タイムアップでその人との会話は終了しました。

そして、次からは自分で相手を選べるんですが、とりあえず第一希望の人の所に行こうとしました。

するともうすでに違う男の人と話しているではありませんか。

そして、順番待ちの人も何人かいてとてもじゃないけどお話ができる状況ではありません。

しかも、制限時間もありますし、残りの時間と待ち人数をみると絶対にお話しできないと思い諦めました。

そして、行くところがなくなった私。

とりあえず、飲み物を飲みながらなにかを考えている素振りを見せてごまかしていました。

このままではやばいとさらに焦ってしまい、誰でもいいから女性とお話をしようと空いている部屋に入りました。

お互いに話も盛り上がらず、「あぁ〜早くフリータイム終わってくれ〜」と思いながらフリータータイムを過していました。

中間印象相性診断シート

そして、自分の席に戻るとスタッさんに中間印象相性診断シートを渡されました。

「なんだろうこれ?」と見てみると、人気ランキングや自分が希望した人とのカップルになれる確率が書いてありました。

私の順位は10人中5番目。思っていたよりも上位でビックリでした。

そして、第一希望の人とカップルになれる確率は60%でした。微妙な数字ですね。

もっと中間希望カードに気になった人を書いとけばその人達とのカップル成立確率も見れたんでしょうね。

そして、もうひとつ自分のライバルの数も教えてくれたんですよ。

自分と同じ人を第一希望にした人は4人。

自分の他にも4人同じ人を第一希望にした人がいるという事です。

「これは見込みないな〜」と感じ、ここでまた意気消沈です。。。。

⇒『実績が豊富!エクシオ』で婚活パーティーを探す!

最終決定カード

そして、フリータイムが終わり、最終決定カードを記入する時間に。

私はもちろん、本命一本という事でエレベーターで会った人の番号を書きました。

そして、集計が終わり、司会者の方が「本日は3組のカップルが誕生しました!」と。

結果は受付で配られる封筒の中に入って入るという事でワクワクしながらその封筒をもらいました。

そして、会場から出て封筒の中身を確認すると。。。。

「はい、残念でした。。。」

私はカップルになれませんでした。。。。

そのまま会場を後にして、1人でご飯を食べに行きました。

ご飯を食べながらいろいろ反省をして、なにがダメだったのか、まっ、すべてがダメだったわけですが。。。

次の婚活パーティーに活かそうと思いながら店を出て歩いていると、なんと私の前をエレベーター会った人が歩いていたんです。

しかもものすごく楽しそうに話をしながら。

そして、その人の横をみると。。。

なんと、同じエレベーターに乗った男性でした。

「あっ、こういう事ね」と。。。

そのままその二人はすすきのの街に消えていきました。

なんかむしゃくしゃしてきたのでその日はお酒を飲んで帰りました。

おわり。

⇒私が参加した婚活パーティー『エクシオ』はこちら!
エクシオ

ページトップへ